F.N.A.

ナイチンゲール看護研究所
Florence Nightingale Archive
----------

ナイチンゲールのつの素顔
----------
 F.N.A.
 トップページ
  
   
  研究所概要
 
 
 
  7つの素顔
 ・プロローグ
 ・著述家
 ・看護の発見者
 ・優れた管理者
 ・衛生改革者
 ・病院建築家
 ・統計学者
 ・社会福祉士
 ・エピローグ
 ・参考文献

 
 ナイチンゲール
  KOMIケア理論
 ・F.N.との出会い
 ・F.N.からKOMI
 最近のエピソード
   KOMIブログ
 ・研修会のご案内

 
  看護覚え書
 ・真価と今日的意味
 ・看護覚え書を読む

 
  関連論文
 ・金井 一薫
 ・小南 吉彦
 ・研 究 員 他

 
   ご案内
 ・関連書籍
 ・関連サイト
“優れた管理者” としてのナイチンゲール

 ナイチンゲールの看護実践体験は、わずか2年半というたいへん短いものでした。初体験は33歳の時に、ロンドンのハーレイ街1番地にある「恵まれない境遇にある女性家庭教師たちのための病院」における総監督という仕事で、この歳に至って初めて長年温めていた看護という仕事を具現化するチャンスが与えられたのです。

 しかし既設の病院運営は、反目し合う「貴婦人委員会」と「紳士委員会」により病院の経理は乱脈を極め、さらに病院の管理運営のあり方も混乱を極めており、ナイチンゲールに寄せられた期待には、病院の建て直しとその健全な運営という、たいへん重いものがありました。

 就任にあたって、ナイチンゲールが両委員会に求めたのは、
 @ 温水用の配管を各階に引くこと 
 A 患者の食事を上階に運び上げるための「巻き上げ機」(リフト)を設置すること
 B 現在のナースコールの原型である「弁付き呼鈴」を設置すること

 このようにナイチンゲールは、総監督として働く条件として、まずは病院の設備面の充実を訴えたのです。そしてまず手懸けた仕事は、古い建物から運ばれてきた家具や、洗濯された形跡がなく汚れてぼろぼろのリネン類の点検で、新たに作ったり洗濯したりして使える状態にすることでした。新たな家具や調度品を新調する必要もありました。

 次に台所の改善です。適当な調理用器具を揃えることから始め、保存食を作ったり、パンやビスケットを焼いたりして、健康面を重視した視点を取り込んでいます。

 さらに改革は経済面にも及び、物品購入のシステムを点検して、無駄を省いた購入方法に切り替えたり、賃金の額や支払方法を考案したり、不適切な看護師や使用人を解雇したりとナイチンゲールの視線は、あらゆる側面に注がれています。こうして設備や人材が整ってくるに従って、彼女の目は徐々に一人ひとりの患者個人に向けられていきました。

 ナイチンゲールの具体的実践の姿は、彼女自身が貴婦人委員会へ宛てて書いた「監督者からの季刊報告書」に詳細に記述されています。季刊報告者には必ずその時期に入院している患者数、退院した人数と退院者の病名や退院に至った経過などが明確に記され、入院患者の特徴の全体像を記して、彼女たちの健康を回復させ、社会へと送り出して行くにはどうすべきかを考察しています。

 この病院での経験は1年、次に待っていたのはクリミア戦争従軍という舞台でした。

 スクタリの兵舎病院は、総延長6kmにも及ぶ長さでベットが並べられ、1つの町のように配置された建物でしたが、それは不潔で汚れきり、腐敗しかかっていました。死亡率は高く(ある時期の患者数は平均2,349人で、同じ期間中に2,315人が死亡)しかし、ナイチンゲール看護団は、従軍当初ほとんど機能しませんでした。頑迷な陸軍組織によって運営されていた管理システムの中では、個人が個人の判断で自由に動くことができなかったからです。手をこまねいている間に、失わなわれなくてもすんだ多くの生命が、いたずらに失われていきました。

 ナイチンゲールは看護部門の総責任者という職位に忠実であろうとしていましたが、それはすなわち陸軍病院においては、病院の規律に絶対的な支配権を持っていた陸軍当局と医師団の許可なくしては、看護部門は何事もなしえず、看護に必要な物資の確保すら許可されないという状況に置かされることを意味しました。その状況が一転したのは陸軍当局と医師たちが、もはやナイチンゲールとその看護団の力をも借りない限り、事態の収拾が絶望的であることを悟り、今まで頑固に忌避していたナイチンゲールに救援を求めたことによります。

 自由に活動する権限が与えられるや否や、ナイチンゲールは活き活きと動き出し、病院改革と看護改革に乗り出します。

 伝記作家セシル・ウーダム-スミスは、ナイチンゲールの看護実践について、次のように記しています。
 
 
 病人の大群が雪崩込んでくれば、彼女は24時間ぶっ続けで立ち働いたし、怪我人に包帯をするために8時間もひざまずいていた。(中略)その冬2,000人もの患者の臨終に付き添ったし、最も重症な患者は彼女自らが看護に当たった


 この献身的で不休不眠の看護が、兵士たちの心に響いて、しだいに“クリミアの天使”と まで呼ばれるようになるのですが、戦争が終結するまでに成し遂げた業績は、具体的に死亡率の低下として示されたのをはじめとして、その療養環境の変化は誰の眼にも明らかとなりました。
 
 病院内部は清潔になり、回復に向かった兵士たちはナイチンゲールが用意した院内の学校で文字を習い院内の図書館で本を読み、憩いの場所として院内に建てられた大コーヒー館で酒類の代わりにお茶を飲み、給金の一部を本国の貧しい家族に送金する……などの光景が見られるようになったのです。

 ナイチンゲールは、こうした事業をほぼ1年半でやり遂げ、大きな変革をもたらしたのです。当初はナイチンゲールとその看護団を頭から信用せず、拒否していた医師団をはじめとして周囲の人々が驚嘆したのも無理はありません。

 ここにナイチンゲールを“優れた管理者”または“実力を備えた実践家”として位置づける根拠があります。
  
    
 
              
     

  F.N.A.
(C) F.N.A. All rights reserved.